ミヤママタタビ


長野県蓼科山 2006.6.30
          ミヤママタタビ
マタタビ科マタタビ属 
Actinidia kolomikta

中部地方以北、北海道に分布。
山地〜亜高山の林内に生える雌雄別株
の落葉つる性木本。
葉は互生、葉身は長さ7〜12cm、幅4
〜8cm、倒卵形で基部は心形。
ふちには細かい不規則な鋸歯がある。
枝の上部につく葉は花期には表面が白
く、後に紫紅色になる。
6〜7月、本年枝の基部近くの葉腋に白
い花を下向きにつける。
似た仲間に葉の白いマタタビがある。


     長野県蓼科山 2006.6.30

     長野県蓼科山 2006.6.30

トップページへ  前ページへ