ミヤマナガハシスミレ×タチツボスミレ


長野県 2013.5.18 画像をクリック

長野県 2013.5.18 画像をクリック
V.      ミヤマナガハシスミレ×タチツボスミレ
スミレ科スミレ属
V. rostrata f. alpina×grypoceras

ミヤマナガハシスミレ×タチツボスミレの交雑種
ミヤマナガハシスミレ、タチツボスミレ
が混生する周辺で稀に見られる。
花期の地上茎は5〜15cmで、 全体が
濃い紫色を帯びる。
葉の表面は暗緑色、裏面は濃い紫色
を帯び、先は少し尖る。
5〜6月、 直径1.5〜2.3cmの淡紫色の
美しい花をつける。
ミヤマナガハシスミレを撮影、少し登っ
て行くと、瞬時に雑種と分かるタチツボ
スミレが目に飛び込んできた。
距は長くミヤマナガハシスミレ風、花弁
の色・大きさはタチツボスミレに似る。
産地は少なく、めったに出合えない


    長野県 2013.5.18 画像をクリック

    長野県 2013.5.18 画像をクリック

トップページへ  前ページへ