ムラサキチョウマメモドキ


沖縄県(西表島) 2008.12.13 画像をクリック

沖縄県(西表島) 2008.12.13 画像をクリック
       ムラサキチョウマメモドキ
マメ科チョウマメモドキ属
Centrosema pubescens

別名:セントロ
西表島(沖縄県)・小笠原(東京都)に稀産する
熱帯南アメリカ原産の帰化植物。
亜熱帯の牧草地、林縁などにごく稀に生える
長さ約5mのつる性の多年草。
葉は小葉3枚からなる掌状複葉で、小葉の大
きさは4〜5×3〜4cm。
ほぼ通年、葉腋から伸びた花軸の先に直径
5〜6cmの藤色の花をつける。
莢果は細長く、 長さ7.5〜15cm、熟すと黒褐
色になり、20個程の種子をもつ。
ナリヤランなどの撮影を終え、 走行している
と藤色の大きな花が目に留まる。
細長い莢を確認したTさん(八重山の植物に
精通)も初めて見る植物と驚いていた。
草地科学実験・調査法(全国農村教育協会)
から引用したが、記載文献は少ない。
同定に当たっては南国の植物に精通してい
「野の花讃花」のhanamisutさん、「徒然花
鳥風月」
の雅さんに教示いただいた。
お二人には記して感謝の意を表したい。


  沖縄県(西表島) 2008.12.13 画像をクリック

  沖縄県(西表島) 2008.12.13 画像をクリック

トップページへ  前ページへ