ナガバハグマ


沖縄県 2016.2.28 画像をクリック
       ナガバハグマ
キク科 モミジハグマ属
Ainsliaea oblonga

沖縄県北部、西表島に分布
山地(渓流沿い) の岩上などに生える
高さ15〜40cmの多年草。
葉は長さ4〜10cmの長楕円状披針形
で、光沢があり.先は尖る。
11〜2月、茎や枝先に直径0.8〜1.2cm
の白い花を総状に多数つける。
仲間のマルバハグマは葉が卵形で光
沢が無く、基部は切形〜浅心形。
渓流沿いに2花だけ咲き残っていた。


   沖縄県 2016.2.28 画像をクリック

トップページへ  前ページへ