ナガバクロカモメヅル


栃木県 2012.9.9 画像をクリック

栃木県 2012.9.9 画像をクリック
       ナガバクロカモメヅル
ガガイモ科カモメヅル属
Vincetoxicum nipponicum f. abukumense

タチカモメヅルの1品種
湿地や湿った草地にやや稀に生える
つる性の多年草。
葉は長さ3〜11cm、幅1〜4cmの長楕
円状披針形で、先は尖る。
7〜9月、上部の葉腋に紫色の花をや
や疎らにつける。
花が淡黄色を帯びるタイプをオオアオ
カモメヅル
と呼ぶ。
茨城県で果実は見ているが、 花を観
察したのは今回が初めて。
産地は少なく、中々出合えない。


    栃木県 2012.9.9 画像をクリック

             (果実)
    茨城県 2004.10.7 画像をクリック

トップページへ  前ページへ