ナゴラン


(果実)
鹿児島県 2013.11.1 画像をクリック
       ナゴラン
ラン科ナゴラン属
Sedirea japonica

伊豆諸島、静岡〜沖縄に分布
常緑樹の樹幹などにごく稀に生える
常緑の着生植物。
葉身は長さ6.5〜15cm、幅1.5〜3cm、
肉質でやや光沢がある。
5〜8月、やや垂れ下り気味の花茎
に白緑の花を3〜10個をつける。
側蕚片は赤紫色の横縞、唇弁には
同色の斑点がある。
ヘツカランを撮影中、地元の方から
「ナゴランが」と指を差される。
見上げた先の樹幹に果実をつけた
数個体が着生していた。
鹿児島の同輩は7月初旬、 開花中
のナゴランを撮影したと聞く。
いずれ花の写真に挑戦したい


              (果実)
   鹿児島県 2013.11.1 画像をクリック

トップページへ  前ページへ