ネコヤマヒゴタイ


長野県霧ヶ峰 2008.9.4 画像クリック

長野県霧ヶ峰 2009.8.18 画像クリック

長野県霧ヶ峰 2009.8.18 画像クリック
      ネコヤマヒゴタイ
キク科トウヒレン属
Saussurea modesta

別名:キリガミネトウヒレン
中部地方、兵庫、中国地方に分布
山地の少し湿り気のある草地に生える
高さ30〜70cmの多年草。
葉身は長さ10〜15cmの披針形〜線状
披針形で、全体がしなやか。
8〜10月、 長さ8〜10mmの頭花(淡紫
色)を散房状に少数つける。
和名は最初の発見地、 広島県比婆郡
の猫山に由来する。
キリガミネトウヒレンは霧ヶ峰で発見さ
れたことから命名されたが、 後にネコ
ヤマヒゴタイと同一種と判明した。
霧ヶ峰でも産地はごく限られれいる。


     長野県霧ヶ峰 2002.8.23

    長野県霧ヶ峰 2008.9.4 画像クリック

トップページへ  前ページへ