オオバタチツボスミレ


長野県 2003.6.29

長野県 2003.6.29

長野県 2009.6.6 画像をクリック
        オオバタチツボスミレ
スミレ科オオバタチツボスミレ類
Viola langsdorffii

北ア朝日岳以北、北海道に分布
低地(北海道東北部)〜高層湿原(本州)
に生える高さ20〜30cmのスミレ。
葉は円心形〜長卵形まで変異に富む。
5〜7月、花茎の先に紫紅色で紫色の
すじがある花をつける。
タチツボスミレの名がついているが、タ
チツボスミレとは異節である。
群馬県では尾瀬に自生していることが
よく知られている。
撮影地はほぼ南限にあたり、チシマウ
スバスミレ
やミヤマツボスミレなどと群
落を形成している。
花期は雪どけによってかなり異なるが、
6月中旬〜7月上旬である。


    長野県 2003.6.29 画像をクリック

        長野県 2003.6.29

     長野県 2009.6.6 画像をクリック

トップページへ  前ページへ