オオバウマノスズクサ


愛知県豊橋市 2007.5.2 画像をクリック

愛知県豊橋市 2007.5.2 画像をクリック
        オオバウマノスズクサ
ウマノスズクサ科ウマノスズクサ属 
Aristlochia kaempferi

関東地方以西、四国、九州に分布
山地の林内・林縁等にやや稀に生える
つる性の落葉小低木。
葉はやや厚く、円形〜三角状楕円形で、
長さ10〜15cm、基部は心形。
4〜5月、葉腋に黄色で、内側に茶褐色
の縞模様のある花をつける。
果実は5〜7cm、6稜がハッキリする。
ミカワバイケイソウ の撮影に訪れた東
海地方の山裾に咲いていた。
「豊橋産」は タンザワウマノスズクサ
のご指摘があり、現在精査中


   (果実) 東京都高尾山 2006.9.29

  (果実) 愛知県 2007.8.7 画像をクリック

トップページへ  前ページへ