オオハナワラビ


群馬県甘楽郡 2006.2.23

 (アカハナワラビと競演)
群馬県甘楽郡 2004.1.15
        オオハナワラビ
ハナヤスリ科ハナワラビ属 
Botrychium japonicum

東北中部以南の山地に分布
山地のやや湿った樹林下などに生える
長さ20〜30cmの冬緑性シダ。
葉は年に1枚出て、担葉体は短く無毛。
栄養葉の柄は長く、葉身はほぼ五角形
で、小羽片の先端は鋭頭。
3出葉的に3回羽状に深裂、 羽片は最
下が大きく、上部は小さい。
胞子の表面には微細な突起がある。
群馬県南西部のあるお堂では アカハ
ナワラビ
と競演していた。


       静岡県 2007.12.10

         (アカハナワラビと競演)
   群馬県甘楽郡 2010.12.29 画像をクリック

トップページへ  前ページへ