オモダカ


(雌花) 千葉県長生郡 2005.8.23

(雌花) 千葉県長生郡 2005.8.23
       オモダカ
オモダカ科オモダカ属
Sagittaria trifolia

水田、休耕田、湿地などにふつうに生える
高さ20〜80cmの多年草。
地中に匐枝を伸し、小さな球茎を付ける。
葉は根生し、ふつう長い柄があって直立し、
水面上にでる。
葉身は基部が2つに裂けた矢じり形。
基部の2個の裂片の方が、 頂裂片より長
く、先端は鋭く尖る。
7〜10月、花茎上部の節ごとにに白い花を
3個ずつ輪生する。
雄花は花序の上部につき、黄色の雄しべ
がよく目立つ。
雌花は花序の下部につき、緑色の雌しべ
が多数集まって球形になる。
ミズキンバイの自生する休耕田で写した。


  (雄花) 千葉県長生郡 2005.8.23

 (雄花) 長野県東御市 2009.7.28 画像をクリック

トップページへ  前ページへ