レンプクソウ


群馬県甘楽郡 2003.4.19

長野県佐久市 2006.5.9
       レンプクソウ
レンプクソウ科レンプクソウ属
Adoxa moschatellina

別名:ゴリンバナ
近畿地方以北、北海道に分布
丘陵地〜山地の林内や林縁に生える
高さ5〜15cmの多年草。
白色の地下茎をのばし、先端に小さな
球茎を作ってふえる。
根生葉は2回3出複葉で長い柄があり、
小葉は羽状に中裂する。
茎葉は小さく1対が対生する。
3〜5月、頂茎に黄緑色の花をつける。
和名は昔、地下茎がフクジュソウにつ
ながっていたとの説に由来する。
別名のゴリンバナは花が5個集まって
つくことによる。
群馬県の多野山地ではフクジュソウと
混生していた。
「福に連なる」とは何とも縁起がいい。
黄緑色の花は、意外と洒落ている。


    群馬県甘楽郡 2004.4.8 画像をクリック

       長野県佐久市 2006.5.9

トップページへ  前ページへ