サガミランモドキ


東京都 2004.7.8 画像をクリック

東京都 2004.7.8

(再発見された群馬県4例目の産地)
群馬県 2008.7.22 画像をクリック

(果実)
群馬県 2009.11.25 画像をクリック

群馬県 2015.7.22 画像をクリック

(蕾)
群馬県 2015.7.22 画像をクリック
       サガミランモドキ
ラン科シュンラン属
Cymbidium aberrans

東京・千葉・神奈川・群馬県に分布
常緑広葉樹林の林床、林縁にやや稀に生える
高さ5〜20cmの腐生植物。
サガミラン(マヤランの前名)の白花品としてモド
キの名が与えられたが、後にサガミランはマヤ
ランと判明し、サガミランの名は消えた。
しかし、サガミランモドキだけが残るというおか
しな現象になった。
マヤランとの相違点は苞葉が小さく、子房は長
く、花は小さく、淡黄緑色である。
遺伝子分析によってマヤランとは別種であるこ
とが明らかになったと聞く。
武蔵野ではイヌシデ、コナラなどの林床にマヤ
ランと一緒に自生している。
筆者は2005年7月11日、 群馬県西部でもサガ
ミランモドキ(蕾)を確認した。
10日後に訪れると、木漏れ日の入る落葉樹林
内に何と40数個体が開花していた。
群馬県の自生地はコナラが「椎茸の原木」とし
て伐採され、サガミランモドキは消滅した
(2007.2.12確認)
2008年、群馬県第4の産地が発見される。


    群馬県 2005.7.22 画像をクリック

         東京都 2004.7.8

        (10日後、自家受粉で結実)
    群馬県 2008.7.22 画像をクリック

              (秋咲き)
   群馬県 2010.9.29 画像をクリック

              (蕾)
   群馬県 2015.7.22 画像をクリック

              (蕾)
    群馬県 2015.7.22 画像をクリック

トップページへ  前ページへ