マヤラン


東京都 2004.7.8 画像をクリック

東京都 2004.7.8 画像をクリック

(群馬県第1の産地)
群馬県 2005.7.20 画像をクリック

(群馬県第1の産地)
群馬県 2005.10.31 画像をクリック

(群馬県第1の産地/緑色は果実)
 群馬県 2005.10.31 画像をクリック

(群馬県第2の産地)
群馬県 2006.7.13 画像をクリック

(奇形)
神奈川県 2012.7.22 画像をクリック

(群馬県第3の産地)
群馬県 2012.11.4 画像をクリック

 (群馬県第3の産地)
群馬県 2012.11.4 画像をクリック
        マヤラン
ラン科シュンラン属
Cymbidium macrorhizon

千葉県以南(群馬県)に分布
腐植土の多い林縁や林床に稀に生える
高さ5〜20cmの腐生植物。
和名は兵庫県神戸市摩耶山で発見され
ことに由来する。
マヤランが見たくて夜明け前に自宅を出
発、 武蔵野の面影が残る雑木林にひっ
そりと咲いていた。
イヌシデ等の林床に群生しているという
のに散歩している人は誰も気づかない
都会の人達は植物にあまり感心が無い
のだろうか? (2004.7.8)
群馬県は2004年9月下旬、Oさんらによっ
て、県南西部で発見された。
1年後、自生地を訪れると木漏れ日の入
る落葉樹林内で1株が開花していた。
(2005.7.20)
マヤランと同じ場所にはサガミランモドキ
が何と40数株開花していた。
2005年10月25日、 群馬県内2番目の産
地がK氏によって発見される。
2013年以降は別のページを設けた。


           (群馬県第1の産地)
      (果実) 群馬県 2004.12.5 

  (群馬県第2の産地) 群馬県 2005.10.27

            (群馬県第2の産地)
     (ガラ) 群馬県 2005.12.29

          (群馬県第2の産地)
    群馬県 2006.7.13 画像をクリック

           (群馬県第2の産地)
    群馬県 2006.7.13 画像をクリック

   神奈川県 2012.7.22 画像をクリック

          (群馬県第3の産地)
    群馬県 2012.11.4 画像をクリック

          (群馬県第3の産地)
    群馬県 2012.11.20 画像をクリック

          (群馬県第3の産地)
    群馬県 2012.11.20 画像をクリック

トップページへ  前ページへ