サンヨウブシ


群馬県 2005.9.14 画像をクリック

 群馬県 2006.8.31  画像をクリック

群馬県 2011.9.7 画像をクリック

群馬県 2013.8.17 画像をクリック
       

サンヨウブシ
キンポウゲ科トリカブト属
Aconitum sanyoense

関東地方以西、中国地方に分布
山地〜亜高山の林内・林縁などに生える
高さ100〜200cmの多年草。
葉は直径30cmほどで、5〜7中裂する。
花は青紫色でふつう上から咲く。
雄蕊は無毛、 花柄も無毛で光沢がある。
花弁の舷部が、くるっと巻いた細長い距
に向かって次第に細くなるのが特徴。
トリカブト属の殆どは猛毒だが、サンヨウ
ブシは数少ない無毒とされる。
葉腋に珠芽をつけるものを ジョウシュウ
トリカブト
と呼び、群馬、栃木県に分布。
和名は山陽地方(岡山県)で発見された
ことに由来する。
Aconitumの同定は難しいが、 本種は葉
に特徴があるので容易に同定できる。
群馬県南西部は標高1000m以上で見ら
れるが、1000株以上自生している。
本種は花色の淡い個体が多く、 白花品
も随所で観察できる。


    群馬県 2005.8.28 画像をクリック

    群馬県 2006.8.31  画像をクリック

    群馬県 2011.9.7 画像をクリック

    群馬県 2013.8.17 画像をクリック

トップページへ  前ページへ