サルメンエビネ


栃木県 2004.5.13 画像をクリック

群馬県 2008.6.15 画像をクリック

群馬県 2008.6.15 画像をクリック

群馬県 2008.6.15 画像をクリック

群馬県 2015.6.8 画像をクリック
        サルメンエビネ
ラン科エビネ属
Calanthe tricarinata

北海道から九州の涼しい落葉樹林に稀に
生える高さ30〜50cmの多年草。
和名は丸い唇弁の色としわ状の降起板を
猿の顔面に見立てたことに由来。
栃木県のTさんから「サルメンエビネが見
つかりました」とメールがあり、 早速新緑
の栃木路を訪ねた。
案内された場所は人家近くのスギ植林地
で、数株のサルメンエビネが咲いていた。
周辺にはキンセイランも自生しており、人
家近くの豊な自然に驚く。
この貴重な植物が、いつまでも失われな
いことを願いつつ、自生地を後にした。


    栃木県 2004.5.13 画像をクリック

        栃木県 2004.5.13

    群馬県 2015.6.8 画像をクリック

     群馬県 2015.6.8 画像をクリック

    群馬県 2015.6.8 画像をクリック

トップページへ  前ページへ