サツマサンキライ


(雌花)
沖縄県 2016.2.28 画像をクリック

(雌花)
沖縄県 2016.2.28 画像をクリック
        サツマサンキライ
ユリ科シオデ属 
Smilax bracteata

九州南部〜沖縄県に分布
低地〜山地の草地や林縁などに生える
長さ8〜10mのつる性の半低木。
葉は長さ4.5〜8cm、幅5〜13cmの長円
形〜卵状長楕円形で.先は尖る。
雌雄異株で.12〜2月、葉腋から円錐花
序を出し、黄橙色の花を多数つける。
果実(液果)は長さ5〜7mmのやや楕円
形で、黒紫色に熟す。
リュウキュウウマノスズクサハクサン
ボク
を観察した林縁で撮影する。


             (雌花)
   沖縄県 2016.2.28 画像をクリック

             (雌花)
   沖縄県 2016.2.28 画像をクリック

トップページへ  前ページ