セイタカスズムシソウ


山梨県 2007.7.26 画像をクリック

山梨県 2007.7.26 画像をクリック
        セイタカスズムシソウ
ラン科クモキリソウ属
Liparis lilifolia var. japonica

別名:セイタカスズムシ
山地の疎林下などにやや稀に生える
高さ20〜40cmの多年草。
普通葉は2枚が多く、やや厚く光沢が
あり、縁はやや縮れることもある。
スズムシソウによく似ているが、花は
小さく、花期もやや遅い。
6〜7月、 花茎の上部に淡紫色〜緑
色の花を多数つける。
フガクスズムシソウを見に行く途中の
獣道で咲いていた。
アップしたセイタカスズムシは花数が
少なく、草丈も約15cmだった。


       山梨県 2007.7.26

    山梨県 2007.7.26 画像をクリック

トップページへ  前ページ