シナノコアツモリソウ


長野県 2011.6.14 画像をクリック


長野県 2011.6.14 画像をクリック

長野県 2011.6.14 画像をクリック

長野県 2016.6.4 画像をクリック

長野県 2016.6.4 画像をクリック

長野県 2016.6.4 画像をクリック
       シナノコアツモリソウ
ラン科アツモリソウ属
Cypripedium debile f. shinanoense

コアツモリソウの1品種(色彩変異)
2017年4月、末次健司、設楽拓人両氏が
植物研究雑誌第92巻第2号で発表。
木曽山中のヒノキ林の林床に稀に生える
高さ8〜20cmの多年草。
5〜6月. 垂れ下がった花軸の先に1cmほ
どの花を下向きに1個つける
唇弁は長さ0.8〜1.2cmの袋状、白地で全
く条班が無い無斑である。
背萼片の内側.ずい柱付近の中心部も白
色で母種とはやや異なる。
長野県産のコアツモリソウに. 疑問を抱い
ていた筆者は末次氏に相談していた。
2016年6月〜数ヶ月間、旧知の橋場憲一
峯田美智子夫妻と個体調査を実施。
ヒノキ林を主体とした笹が繁茂する 林床
に200個体以上群生していた。
末次 設楽. 橋場憲一.峯田美智子各氏に
は記して感謝の意を表したい。


   長野県 2011.6.14 画像をクリック

        長野県 2002.5.25

   長野県 2011.6.14 画像をクリック

   長野県 2011.6.14 画像をクリック

    長野県 2016.6.4 画像をクリック

トップページへ  前ページへ