シロバナアカツメクサ


長野県佐久市 2005.8.16
        シロバナアカツメクサ
マメ科シャジクソウ属
Trifolium pratense f. albiflorum

牧草として明治時代に渡来。
全国に野生化している高さ20〜60cm
の多年草。
花はシロツメクサより大きく、花序の
直ぐ下に葉が1対つく。
花は球状に集まってつき、紅紫色。
茎に開出毛があることでシロツメク
サと区別できる。
佐久高原の田の畦に数株のシロバ
ナアカツメクサを見つけた。
ここには珍しいイヌハギ が雑草のご
とく自生している。

トップページへ  前ページへ