シロバナヒイラギソウ


群馬県甘楽郡 2008.5.6 画像をクリック

 群馬県甘楽郡 2008.5.6 画像をクリック

群馬県 2010.5.10 画像をクリック

群馬県 2011.5.7 画像をクリック

群馬県 2011.5.7 画像をクリック

群馬県 2013.4.30 画像をクリック

群馬県 2013.5.6 画像をクリック

群馬県 2013.5.6 画像をクリック

群馬県 2015.5.3 画像をクリック
        シロバナヒイラギソウ
シソ科キランソウ属
Ajuga incisa f. alba mm(学名は筆者記)

山地〜亜高山の林内などに稀に生える
高さ30〜50cmの多年草。
和名は切れ込みのある葉がヒイラギ(柊)
に似ている事に由来する。
分布は茨城・栃木・群馬・埼玉・東京都
に限られいる。
群馬県南西部は多くの自生地が残って
おり、稀に白花や紅花も観察できる。
論文発表はしていないが、白花を f. alba
とする先例に倣って学名を記した。



    群馬県甘楽郡 2008.5.6 画像をクリック

    群馬県 2010.5.10 画像をクリック

    群馬県 2010.5.10 画像をクリック

    群馬県 2011.5.7 画像をクリック

    群馬県 2011.5.7 画像をクリック

    群馬県 2012.5.16 画像をクリック

    群馬県 2013.5.6 画像をクリック

    群馬県 2015.5.3 画像をクリック

    群馬県 2015.5.3 画像をクリック

トップページへ  前ページへ