シロバナヒナスミレ


群馬県 2006.4.10 画像をクリック

群馬県 2007.4.14 画像をクリック

(距に淡紅色が残るオトメタイプ)
群馬県多野郡 2009.3.23 画像をクリック

(距に淡紅色が残るオトメタイプ)
群馬県多野郡 2009.3.28 画像をクリック

群馬県 2014.3.26 画像をクリック

群馬県 2016.3.28 画像をクリック

(純白)
群馬県 2017.4.9 画像をクリック

(純白)
群馬県 2017.4.9 画像をクリック

(純白)
群馬県 2017.4.9 画像をクリック

群馬県 2017.4.16 画像をクリック
        シロバナヒナスミレ
スミレ科ミヤマスミレ類
Viola tokubuchiana var. takedana f. albiflora

ヒナスミレの白花品
山地の落葉樹林の縁などの半陰地から
陰地の腐食地に稀に生育する。
葉は長卵形〜披針形、基部は心形、花
弁の縁は波状になる。
側弁の基部ふつう疎らに毛がある。
日本のスミレ(山と渓谷社)、信州のスミ
レ(ほうずき書籍)とも未掲載
初めて見る白花はある峠の林縁に自生
していた。 (2006.4.10記)
2017年4月9日. 花柄・葉柄は緑色. 距も
白色の純白を観察した。
43個体花をつけていたが.純白は清楚で
とっても美しい (2017.4.10追記)



        群馬県 2006.4.13

    群馬県多野郡 2009.3.23 画像をクリック

       (距に淡紅色が残るオトメタイプ)
     群馬県多野郡 2009.3.23

         (距に淡紅色が残るオトメタイプ)
    群馬県多野郡 2009.3.28
 画像をクリック

    群馬県 2015.3.23 画像をクリック

   群馬県 2016.3.28 画像をクリック

             (純白)
    群馬県 2017.4.9 画像をクリック

            (距も純白.)
    群馬県 2017.4.9 画像をクリック

             (純白)
    群馬県 2017.4.9 画像をクリック

   群馬県 2017.4.16 画像をクリック

トップページへ  前ページへ