シロバナサギゴケ


長野県 2014.6.21 画像をクリック

長野県 2014.6.21
      シロバナサギゴケ
ゴマノハグサ科サギゴケ属
Mazus miquelii f. albiflorus

サギゴケ(ムラサキサギゴケ)の1品種
道ばたや田のあぜなどに普通に生える
高さ5〜10cmの多年草。
葉は対生し、倒楕円形〜楕円形、匐枝
を出し、葉は小さい。
4〜6月、花茎の先に白色の清楚な花
をまばらにつける。
花冠は唇形、上唇は2裂、下唇は3裂し、
下唇には黄褐色の班紋がある。
よく似ているトキワハゼは匐枝を出さず、
下唇は白色で僅かに紫色を帯びる。
一面の白花は圧巻の一言


   長野県 2014.6.21 画像をクリック

   長野県 2014.6.21 画像をクリック

トップページへ  前ページへ