シロバナサクラタデ


群馬県館林市 2004.9.19

新潟県柏崎市 2008.9.25 画像をクリック

 新潟県柏崎市 2008.9.25

高知県 2011.9.4 画像をクリック

群馬県 2014.10.1 画像をクリック
        シロバナサクラタデ
タデ科タデ属
Persicaria japonica

湿地や湖沼などにやや稀に生える
高さ50〜100cmの多年草。
葉は長さ7〜15cm、幅1〜2.5cmの
披針形で、先は尖る。
8〜11月、 茎の上部に総状花序を
だし、白色の花を多数つける。
サクラタデによく似るが、 花被は白
色で、長さ3〜4mmと小さい。
渡良瀬遊水地でも観察できる。


      新潟県柏崎市 2008.9.25

    新潟県柏崎市 2008.9.25 画像をクリック

     高知県 2011.9.4 画像をクリック

   群馬県 2014.10.1 画像をクリック

トップページへ  前ページへ