シロバナセイタカスズムシソウ


沖縄県 2016.2.27 画像をクリック
       シロバナセイタカスズムシソウ
キツネノマゴ科イセハナビ属
Chloranthus glaber (学名はセイタカスズムシソウ)

セイタカスズムシソウの白花
沖縄県(本島 石垣 西表)分布
常緑樹林の林縁や林床などに生える
高さ80〜200cmの半低木。
葉は長さ2.5〜6cm.幅1.5〜3.5cmの広
卵形で、縁に鋸歯がある。
12〜3月、花茎の上部に長さ約3cmの
淡青紫色の花をつける。
同名のラン科植物があって紛らわしい
が、沖縄には自生しない。
セイタカスズムシソウの色彩変異との
批判を承知で、敢て分けた。


   沖縄県 2016.2.27 画像をクリック

トップページへ  前ページ