シロバナショウキラン


長野県 2007.6.23 画像をクリック

長野県 2007.6.23

長野県 2009.6.23 画像をクリック

長野県 2010.6.15 画像をクリック

長野県 2011.6.20 画像をクリック

長野県 2011.6.20 画像をクリック
       シロバナショウキラン
ラン科ショウキラン属
Yoania japonica Maxim f. alba K. Imai

ショウキランの白花品
1991年6月28日、長野県霧ヶ峰の北面で
今井建樹氏が発見した。
山地の林内や笹原などにごく稀に生える
高さ10〜20cmの腐生植物。
6〜7月、茎頂に約6cmの花柄子房を持っ
た白色の花を数個つける。
かって自生していた場所はスキー場の開
発によって消滅していたが、 10年ぶりに
嬉しい復活を果たす。
自生地は重機で掘り起こされ、無残に裸
地化していたが、 種子、ラン菌は休眠し
ていたのかも知れない。
植物の神秘性にあらためて感動した


    長野県 2007.6.23 画像をクリック

    長野県 2007.6.23 画像をクリック

    長野県 2009.6.23 画像をクリック

    長野県 2010.6.15 画像をクリック

    長野県 2011.6.20 画像をクリック

    長野県 2011.6.20 画像をクリック

トップページへ  前ページへ