シシウド


長野県車山 2005.7.20
           シシウド
セリ科シシウド属
Angelica pubescens

山地の日当たりのよい草原などに生える
高さ1〜2mの多年草。
葉は2〜3回羽状複葉、小葉は長楕円形
で長さ5〜10cm、鋸歯がある。
頂小葉の基部は翼状に流れ、葉柄の基部
は鞘状でふくらむ。
7〜10月、枝先の複散形花序に、白色の
小さな花を蜜につける。
和名はウドに似て剛壮なことに由来する。
しかし、ウドとは科も異なる。
真夏の草原にシシウドはよく目立つ。


      長野県車山 2005.7.20

トップページへ  前ページへ