スルガキクバスミレ


群馬県 2010.5.5 画像をクリック

群馬県 2010.5.5 画像をクリック

(手前はアケボノスミレ)
群馬県 2010.5.5 画像をクリック

(花期終盤・ピンクはアケボノスミレ)
群馬県 2010.5.5 画像をクリック

群馬県 2013.4.29 画像をクリック
       スルガキクバスミレ
スミレ科ミヤマスミレ類
Viola x eizasieboldii

エイザンスミレ×フモトスミレ
1926年,大村敏郎氏が静岡県の浜石岳で
発見した交雑種。
全体が小形で、花時の葉は卵状披針形ま
たは楕円状披針形、へりには所々に浅裂
があり、不規則な鋸歯が目立つ。
表面には微短毛が密生し、裏面は紅紫色
を帯び、殆ど無毛。
花冠は径1.5cm内外で両親の中間形、淡
紅紫色〜白色まで変異がある。
フイリフモトスミレを片親にする雑種にフイ
リスルガキクバスミレ
がある。
この山系では花をつけなかった株を含め、
全部で3個体を確認した。


     群馬県 2010.5.5 画像をクリック

     群馬県 2010.5.5 画像をクリック

      群馬県 2010.5.5 画像をクリック


       群馬県 2009.5.9 画像をクリック

     群馬県 2013.4.29 画像をクリック

トップページへ  前ページへ