タカネコウリンカ


長野県 2014.7.16 画像をクリック

長野県 2014.7.16 画像をクリック

長野県 2014.7.16 画像をクリック

(両サイドは昨年のガラ)
長野県 2014.7.16 画像をクリック
      タカネコウリンカ
キク科オカオグルマ属
Senecio takedanus

1906年、山中忠ニ郎氏が八ヶ岳で発見
中部地方のやや乾いた草地などに生える
高さ30〜40cmの多年草。
根出葉は長さ2.5〜6cmの長楕円形、茎葉
も長楕円形で基部は茎を抱く。
7〜8月、 茎の上部に橙赤色で、総苞と花
柄が黒紫色の頭花を数個つける。
タカネコウリンカが高山に自生するのに対
し、コウリンカは山地の草原に生える。
群馬県、埼玉県の石灰岩地帯には珍しい
キバナコウリンカもある。
北岳や三伏峠ではふつうに観察できる。


       山梨県北岳 2000.8.2

   長野県 2014.7.16 画像をクリック

    長野県 2014.7.16 画像をクリック

トップページへ  前ページへ