タカネマツムシソウ


長野県八方尾根 2006.8.7
          タカネマツムシソウ
マツムシソウ科マツムシソウ属 
Scabiosa japonica var. alpina

別名:ミヤママツムシソウ
中部地方〜東北地方南部に分布。
高山帯の草地や礫地などに生える
高さ30〜40cmの越年草。
高原に咲くマツムシソウより頭花が
大きく、萼片は長い。
8月、茎頂に青紫色の花をつける。
八方尾根は全て本種である。


 長野県八方尾根 2006.8.7 画像をクリック

トップページへ  前ページへ