タカネナナカマド


北海道 2014.7.9 画像をクリック
       タカネナナカマド
バラ科ナナカマド属
Sorbus sambucifolia

亜高山〜高山の岩礫地などに生える
2〜3mの落葉低木。
葉は奇数羽状複葉、 小葉は7〜11枚、
縁には重鋸歯がある。
6〜7月、 新枝の先に集散花序を出し、
白色〜淡赤色の花をつける。
シレトコスミレを観察した周辺の岩礫
地に点在していた。
草津白根山や宮城蔵王で観察したナ
ナカマドは後日、アップしたい。


     北海道 2014.7.9 画像をクリック

トップページへ  前ページへ