タナオスミレ


群馬県 2009.5.9 画像をクリック

群馬県 2009.5.9 画像をクリック
       タナオスミレ
スミレ科スミレ属
Viola x kurokawae

ヒゴスミレ×フモトスミレの交雑種
山地の落葉樹林下などにごく稀に生える
小形〜中形のスミレ。
葉は卵状披針形〜楕円状披針形、浅裂
から中裂の入った鋸歯がある。
中にはヒゴスミレ状の性質が強く、細いキ
ク状になる個体もある。
表面は暗緑色〜黄緑色で短毛がある。
葉の表面には白斑がある。
裏面はフモトスミレ状に紫色で無毛。
花はヒゴスミレ状〜フモトスミレ状まで変
異があり、側弁基部は有毛。
和名は最初の発見地、三重県青山町種
生(たなお)に由来する。
ヒゴスミレ×フイリフモトスミレの交雑種
フイリタナオスミレと呼ぶ。


   群馬県 2009.5.9 画像をクリック

   (蕾) 群馬県 2010.5.5 画像をクリック

トップページへ  前ページへ