タヌキノショクダイ


2015.6.30 画像をクリック

2015.6.30 画像をクリック

(10個体 拡大写真)
2015.6.30 画像をクリック

2015.6.30 画像をクリック

(燭台に注目 拡大写真 )
2015.6.30 画像をクリック
       タヌキノショクダイ
ヒナノシャクジョウ科タヌキノショクダイ属
Glanziocharis abei

関東地方以西(局所的)に分布
常緑樹林内の腐葉の下に稀に生える
高さ1〜4cmの腐生植物。
6〜8月. 花茎の先に奇妙な壺形をした
白色の花をつける。
花は内・外花被片、上部の雄蕊、下部
柱頭先の雌蕊からなる。
亡き友のサイトで.この地の情報を得て
から8年、4度目の計画で実現した。
生涯見る事は無いと思っていただけに、
彼女の顔をを思い浮かべ撮影する。
撮影の際、ビニールシート. 蚊取り線香
などをご用意下さった地元の皆様には
記して感謝の意を表したい
産地は極めて少なく中々出合えない。


       2015.6.30 画像をクリック

      2015.6.30 画像をクリック

       2015.6.30 画像をクリック

       2015.6.30 画像をクリック

       (花被片が落ちた六角形の花冠)
      2015.6.30 画像をクリック

トップページへ  前ページへ