テリハタチツボスミレ


新潟県 2013.4.25 画像をクリック
       テリハタチツボスミレ
スミレ科スミレ属
Viola faurieana

福井以北の日本海側に分布
山地の林内などにやや稀に生える
高さ10〜15cmの多年草。
葉は円心形〜卵状楕円形 基部は
切形で硬く、光沢がある。
4〜5月、直径0.8〜1.8cmの淡紫色
〜白色の花をつける。
側弁基部は無毛、芳香がする。
懸案だったテリハタチツボスミレが
見たくて早春の越後路を訪ねた。
山頂付近で観察したが、登山口周
辺は全てタチツボスミレだった。
産地は少なく、中々出合えない


    新潟県 2013.4.25 画像をクリック

トップページへ  前ページへ