チチッパベンケイ


長野県小諸市 2003.10.3 画像をクリック

長野県小諸市 2003.10.3 画像をクリック

長野県小諸市 2008.10.5 画像をクリック

群馬県利根郡 2009.10.5 画像をクリック

長野県 2013.9.28 画像をクリック

長野県 2013.9.28 画像をクリック

長野県 2014.9.24 画像をクリック

長野県 2014.9.24 画像をクリック
        チチッパベンケイ
ベンケイソウ科キリンソウ属
Sedum sordidum

中部地方北部〜東北地方に分布
山地の岩上や樹上などにやや稀に生える
高さ10〜25cmの多年草。
花茎や葉は汚赤褐色を帯び、斜上する。
葉は互生し、卵形〜広卵形および卵円形
で鈍頭、基部は漸尖形で柄状、縁には波
状または疎らに低い鈍鋸歯がある。
9〜10月、 散房状花序に淡黄緑色の花を
やや密につける。
名のチチッパは乳葉で、葉が肉質で乳液
が出るような感じから名づけられた。
群馬・長野の6ヶ所で見ているが、自生地
は少なく、中々出合えない。


    長野県小諸市 2003.10.3 画像をクリック

              (幼苗)
      長野県小諸市 2008.10.5

    長野県小諸市 2004.9.30 画像をクリック

       (多雪地の岩場に300個体以上自生)
    群馬県利根郡 2009.10.5 画像をクリック

            (葉縁の突起)
   群馬県 2015.10.30 画像をクリック

            (茎に突起は無い)
   群馬県 2015.10.30 画像をクリック

            (葉の表面)
    群馬県 2015.10.30 画像をクリック

    群馬県 2015.9.26 画像をクリック

トップページへ  前ページへ