トウゴクミツバツツジ


群馬県赤久縄山 2005.5.21
          トウゴクミツバツツジ
ツツジ科ツツジ属
Rhododendron wadanum

宮城、山形県東部以南〜近畿地方東部の
太平洋側に分布する。
山地の尾根筋や林内の岩場などに生える
高さ2〜4mの落葉低木。
標高1000m以上の高地に多く、幹は多数
叢生し、上部で分枝する。
葉は枝先に3個輪生、葉身は長さ3〜7cm、
幅2〜5cm、広卵状菱形。
4〜6月、葉の展開前または同時に紅紫色
の花を1〜3個つける。
よく似たミツバツツジは雄しべが、5個ある
が、本種の雄しべは10個と多い。
多野山地の尾根ではシロヤシオとの2ショ
ットも観察できる。


     群馬県赤久縄山 2005.5.21

トップページへ  前ページへ