ツボミヤツシロラン


沖縄県 2016.2.27 画像をクリック

沖縄県 2016.2.27 画像をクリック

沖縄県 2016.2.27 画像をクリック
       ツボミヤツシロラン
ラン科オニノヤガラ属
Gastrodia clausa

沖縄県、台湾(タイプ地)に分布
2011年2月、 沖縄県北部で渡辺たづ子
渡辺宏満 仲間正和 山本利郎各氏が、
発見、2013年. 末次健司氏が日本植物
分類学会の英文誌で発表した。
常緑樹林下の林床・林縁に稀に生える
高さ3〜4cmの腐生ラン。
2〜3月、茎頂に暗褐色の花を1〜数個
つけ、花筒は開かない。
今回の花旅の目的はツボミヤツシロラ
ンとナンゴクヤツシロランだった。
快くご案内いただた友人には記して感
謝の意を表したい。


   沖縄県 2016.2.27 画像をクリック

   沖縄県 2016.2.27 画像をクリック

   沖縄県 2016.2.27 画像をクリック

トップページへ  前ページへ