ウエマツソウ


2015.6.30 画像をクリック

2015.6.30 画像をクリック

2015.6.30 画像をクリック
       ウエマツソウ
ホンゴウソウ科ウエマツソウ属
Sciaphila secundiflora

関東以西、四国・九州(沖縄)に分布
やや暗い林床や林縁などに稀に生える
高さ6〜10cmの腐生植物。
葉緑素は無く、 葉は鱗片状で長さ3mm
ほどの卵形で茎を囲む。
6〜10月、 紫褐色〜紅色の地上茎をだ
し、同色の雄花、雌花つける。
3個白く見えるのが、雄花(花粉の塊)で、
下部の球状は雌花である。
よく似た ホンゴウソウは花茎の最上部
にある雄花の花被片が異なる。
自分では決して見つける事の出来ない
この植物を.下見までしていただいた地
元の皆様には深く感謝したい。
常緑樹林の林縁に10数個体出現して
いたが、都道府県名は公表しない。


      2015.6.30 画像をクリック

      2015.6.30 画像をクリック

      2015.6.30 画像をクリック

トップページへ  前ページへ