ウマノアシガタ


群馬県甘楽郡 2006.5.6
         ウマノアシガタ
キンポウゲ科キンポウゲ属 
Ranunculus japonicus

別名:キンポウゲ
道ばたや林縁などにふつうに生える
高さ30〜70cmの多年草。
茎や葉柄には白い開出毛が多い。
葉は掌状に3〜5裂し、裂片はさらに
浅く裂ける。
4〜6月、黄色の5弁花をつける。
赤城山には茎や葉柄に屈毛がある
アカギキンポウゲが自生する。


  群馬県甘楽郡 2006.5.6 画像をクリック

トップページへ  前ページへ