ウマノスズクサ


群馬県甘楽郡 2006.8.5

群馬県甘楽郡 2006.8.5
       ウマノスズクサ
ウマノスズクサ科ウマノスズクサ属
Aristolochia debilis

川原の土手や原野の林縁などに生える
つる性の多年草。
全体に無毛で粉白色を帯びる。
茎は細く丈夫でよく分枝し、他の草や木
にからみつく。
葉は互生、4〜7cmの三角状卵形。
基部は心形で両側が耳状に張りだす。
7〜9月、葉腋に暗褐色で筒状形の花
を1個ずつつける。
果実はなかなか見られない。
和名は果実が熟し、糸状に6裂してぶ
ら下がった様子を馬の首につける鈴に
見立てたことによる。
渡良瀬遊水地や谷田川の土手に多い
が、花時には刈られてしまう
群馬、長野県には珍しいマルバウマノ
スズクサ
が自生する。


      群馬県甘楽郡 2006.8.5

   群馬県甘楽郡 2011.8.1 画像イをクリック

トップページへ  前ページへ