ウスイハナワラビ


神奈川県 2007.12.10 画像をクリック

神奈川県 2007.12.10 画像をクリック
        ウスイハナワラビ
ハナヤスリ科ハナワラビ属
Botrychium nipponicum var. minus

アカハナワラビの変種
1933年、原寛博士が「植物研究雑誌」
第9巻2号で発表した。
本州中部の山地(標高750〜1500m)に
生える長さ30cm以下の冬緑性シダ。
葉身は裂片がきっちり並び、 3裂する
羽片は短く、裂片の縁は細鋸歯。
和名は最初の発見地、碓氷峠 (群馬
県)に由来する。
アカハナワラビとの関係は微妙であ
り、研究が必要」との記述もある。
ウスイハナワラビについての詳しい文
献が少なく、同定には苦慮する。
ウスイハナワラビとした決め手は撮影
地に採集記録があること、シダに詳し
いS先生の「しいてといわれればウス
イハナワラビ」との助言による。


    神奈川県 2007.12.10 画像をクリック

    神奈川県 2007.12.10 画像をクリック

トップページへ  前ページへ