ウスジロノゲシ


群馬県 2017.3.19 画像をクリック

群馬県 2017.3.19 画像をクリック
        ウスジロノゲシ
キク科ノゲシ属
Sonchus oleracens f. lilacina

ノゲシの1品種
道ばた、畑、荒地などに普通に生える
高さ50〜100cmの2年草。
茎は中空で、多数の稜が目立つ。
葉は柔らかく、羽状に切れ込み、ふち
には不揃いの鋸歯がある。
鋸歯の先は刺状に尖るが、痛くない。
基部は両側の先が尖った三角状に張
り出して、茎を抱く。
3〜7月、茎の上部に直径約2cmの白
色の頭花を数個つける。
シロバナホトケノザが自生する斜面で
母種に混じって点在していた。


   群馬県 2017.3.19 画像をクリック

   群馬県 2017.3.19 画像をクリック

トップページへ  前ページへ