テリハニオイタチツボスミレ《八重》


群馬県 2015.4.12 画像をクリック

群馬県 2015.4.12 画像をクリック
       テリハニオイタチツボスミレ《八重》
スミレ科スミレ属
Viola obtusa f. nuda

テリハニオイタチツボスミレの八重咲き
母種は1964年5月10日. 浜栄助氏が長
野県霧ヶ峰で発見した。
低地〜山地の林縁・草地などに生える
高さ10〜15cmのスミレ。
ニオイタチツボスミレの無毛タイプ.また
は部分的に僅かに有毛のものを言うと
下記の文献に記述されている。
(原色日本のスミレ 浜栄助著)
本種は. テリハニオイタチツボスミレ
近くで.友人のA子さんが発見


   群馬県 2015.4.12 画像をクリック

     群馬県 2015.4.12 画像をクリック

トップページへ  前ページへ