ヤマゴボウ


長野県南佐久郡 2003.7.23 画像をクリック

長野県南佐久郡 2011.7.26 画像をクリック

(ヤマゴボウの果実は分果)
長野県南佐久郡 2011.7.26 画像をクリック

(果実)
長野県南佐久郡 2013.11.18 画像をクリック

(ヤマゴボウの果実は分果)
長野県 2016.9.17 画像をクリック
        ヤマゴボウ
ヤマゴボウ科ヤマゴボウ属
Phytolacca esculenta

路傍や木陰などにやや稀に生える
高さ80〜100cmの多年草。
茎は緑色、葉は長さ10〜30cm、幅
5〜15cmの卵状楕円形。
花序は直立し、果期にも垂れない。
6〜9月、白色の花をつける。
帰化植物のヨウシュヤマゴボウ
茎が赤みを帯び、果期に垂れ下る
ので区別できる。
よく似た仲間のマルミノヤマゴボウ
の果実(腋果)は分果しない。
長野県上田市は国道沿いの林縁
に群生していたが、消滅した。


   長野県下伊那郡 2006.6.15 画像をクリック

   長野県南佐久郡 2011.7.26 画像をクリック

            (若い果実)
  長野県南佐久郡 2011.7.26 画像をクリック

             (果実)
  長野県南佐久郡 2013.11.18 画像をクリック

              (果実)
   長野県 2016.9.17 画像をクリック

トップページへ  前ページへ