ヤマハハコ


長野県八ヶ岳山麓 2005.8.1

群馬県 2013.8.17 画像をクリック
         ヤマハハコ
キク科ヤマハハコ属
Anaphalis margaritacea

日当たりのよい山地の草原などに生える
高さ20〜60cmの多年草。
葉は互生、長さ7〜10cmの線状披針形で、
3脈があり、縁はやや裏側に巻き込む。
基部は茎を抱き、裏面に綿毛が密生して
白色である。
8〜10月、 枝先に頭花をつけ、総苞片は
白い花びらのように見える。
低地の河原などにやや稀に生える仲間に
カワラハハコがある。


    群馬県 2013.8.17 画像をクリック

    群馬県 2013.8.17 画像をクリック

トップページへ  前ページへ