ヤマハタザオ


長野県駒ヶ根市 2006.6.20 画像をクリック
         ヤマハタザオ
アブラナ科ヤマハタザオ属 
Arabis hirsuta

山野の草地や林縁にふつうに生える
高さ30〜80cmの多年草。
根生葉は披針形でロゼット状。
茎葉は茎を抱き、波状の鋸歯がある。
茎には星状毛と単毛がある。
5〜7月、茎頂に総状花序をだし、白
色の4弁花を疎らにつける
よく似たハタザオは花茎が無毛なの
で容易に区別できる。


     長野県駒ヶ根市 2006.6.20

トップページへ  前ページへ