ヤマトグサ


(雄花) 静岡県富士市 2004.4.22

静岡県富士市 2004.4.22 画像をクリック
           ヤマトグサ
ヤマトグサ科ヤマトグサ属
Theligonum japonicum

関東地方以西、四国、九州に分布
山地の林内や林縁などにやや稀に生える
高さ15〜30cmの多年草。
下部は疎らに分枝し、片側に毛がある。
葉は対生し、卵形で長さ1〜3cm。
雌雄同株、葉柄基部に膜質の托葉があり、
1〜2個の雄花または雌花をつける。
明治20年、 牧野富太郎博士が日本人とし
て初めて学名をつけた記念すべき植物で、
大和(日本)草と命名した。
キスミレ を観察し後、地元のSさんの案内
でヤマトグサを撮影することができた。
Sさんは「富士山周辺の植物」 に精通して
おり、教わることが多い。


     静岡県富士市 2004.4.22

   大阪府 2008.4.27 画像をクリック

トップページへ  前ページへ