ヤシュウスミレ


長野県諏訪郡 2007.5.26 画像をクリック

長野県諏訪郡 2009.5.27 画像をクリック

(斑入りの葉ははフイリフモトスミレ)
長野県 2010.6.2 画像をクリック

長野県 2012.5.29 画像をクリック

長野県 2012.5.29 画像をクリック
       ヤシュウスミレ
スミレ科ミヤマスミレ類
Viola hiripes×V. siebldi ssp. sieboldi

サクラスミレとフモトスミレの交雑種
1960年に栃木県日光市でスミレ研究家の
神山隆之氏が発見した。
和名は発見地の野州(下野の国の別称)
に由来する。
外形は両親の中間的形態である。
花は中形〜大形の紅紫色だが、唇弁だけ
がやや薄い。
側弁には毛が密生、距は太くて短い筒形。
葉は卵形〜卵状披針形で表面は濃緑色
で、白濁気味に短毛が密生する。
裏面は無毛で、濃淡の紅紫色を帯びる。
2007年に観察した個体は花茎、葉柄とも
無毛で、5花(蕾を含む)の大株だった。
葉に斑が入るタイプをフイリヤシュウウス
ミレ
と呼び、区別する。


      長野県諏訪郡 2007.5.26

   長野県諏訪郡 2009.5.27 画像をクリック

           (右は片親のフモトスミレ)
     長野県 2010.6.2 画像をクリック

    長野県 2012.5.29 画像をクリック

   長野県 2012.5.29 画像をクリック

トップページへ  前ページへ