ユキヨモギ


 神奈川県鎌倉市 2005.10.21 画像をクリック

 神奈川県鎌倉市 2005.10.21 画像をクリック
          ユキヨモギ
キク科ヨモギ属
Artemisia momiyamae

三浦半島〜伊豆諸島に分布
海岸の崖や礫地などにごく稀に生える
高さ40〜80cmの多年草。
ヨモギに似ているが、全体に白色の綿
毛が多く、白っぽく見える。
茎の中部の葉は楕円形で羽状に深裂
し、裂片はヨモギよりやや幅が広い。
籾山泰一氏が鎌倉市稲村ヶ崎で採集、
1933年、北村四郎博士が発表した。
ヨモギとユキヨモギの交雑種を イナム
ラヨモギ
と呼び区別する。
東京在住のYさん、Hさんと藪近こぎを
し、何とか崖下に辿りついた。
純粋のユキヨモギは極めて少ない。


  神奈川県鎌倉市 2005.10.21 画像をクリック

   神奈川県鎌倉市 2005.10.21 画像をクリック
トップページへ  前ページへ