ザゼンソウ


群馬県赤城山 2003.1.30 画像をクリック

群馬県赤城山 2007.1.4 画像をクリック

群馬県甘楽郡 2007.2.5

群馬県甘楽郡 2010.2.15 画像をクリック

群馬県甘楽郡 2010.2.15

北海道礼文島 2011.6.5 画像をクリック
         ザゼンソウ
サトイモ科ザゼンソウ属
Symplocarpus renifolius

別名:ダルマソウ
花序の様子を座禅僧に見立てたもので.山
地の水湿地に群生する。
花序は葉に先立って開き、 長さ10〜20cm、
仏炎苞は暗褐色で長さ約20cm。
葉は花後に成長して、長さ40〜50cm、幅も
40〜50cmほどになる。
ときに緑色のものも見られ アオザゼンソウ
と呼び、区別する場合もある。
( Symplocarpus renifolius f. viridispathus )
群馬県は「かかあ天下と空っ風」 と言われ
ているが、この日の上州は名物「赤城下ろ
し」が強く、本当に寒い一日となった。
(2004.2.10記)
その赤城山麓に群生地があり、1月初旬か
ら変異に富んだ花を咲かせている。


   群馬県赤城山 2004.2.10 画像をクリック

      埼玉県秩父郡 2006.3.2

    群馬県甘楽郡 2009.2.12 画像をクリック

   群馬県甘楽郡 2010.2.15 画像をクリック

   群馬県甘楽郡 2010.2.15 画像をクリック

    群馬県赤城山 2015.2.9 画像をクリック

トップページへ  前ページへ